スットコきな子の住む森へようこそ~*
by suttocokinaco
カテゴリ:未分類( 227 )
お待たせいたしました!
ただいま鳥取に来ています。

新米の収穫が終わり、昨晩丸瀬家のみんなといただきました。

つやつやぴかぴかで、何より甘い香りに満たされました。

イセヒカリという品種がもちもち感は少しあるものの、さっぱりしていて冷めても美味しくとても気に入っています。
是非みなさんにも味わっていただきたいです。


毎日のお米が、丸ちゃんが栽培したものをいただけることで、こんなにも安心感が生まれるとは、、ありがたいです。
丸ちゃんお疲れ様〜〜。


詳細は下記をご覧ください 。

f0256148_11054263.jpg


【28年産 お米販売の予約のご案内】
2016年10月21日

5月1日、種籾(たねもみ)を蒔きました。

6月10日から1週間、田植えをしました。

収穫前の田んぼに立ち、様々な思いが溢れます。

稲の立派に育った美しさに感動。

自分の田んぼと向き合う姿勢を振り返り、反省。

来季の栽培の方針を妄想し、いろいろ決意。

何はともあれ、ここまで育ってくれたことに感謝。

今年の作付けは、約2町。(100m×100mが2枚)

約25万株の稲を植えたことになる計算です。

大自然をはじめ、近所の農家さんやたくさんの仲間に助けられながら、収穫・調整が終わりました。

img_3161

【2年目の米づくり】

いのちを繋ぐ作物であるお米。

「これさえあれば大丈夫。」

安心感やありがたみから、生きていくことへのさらなる自信が生まれました。

「毎日の事だから大切に。」

暮らしの1コマ1コマを意識し、整える感覚も生まれました。

他の作物とは違う感覚を覚えたお米づくりにすっかりはまりました。

お米を通して様々な縁が結ばれ、深まっていくこと楽しみにしています。

丸瀬家のお米は、お茶碗1杯あたり100円程度。

この1杯に詰まったお米約3000粒と僕たちの想いどうぞお召上がりください。

みなさんの食卓に美味しさが届きますように。

日々を生きる力となれたら幸いです。

【品種:イセヒカリについて】

平成元年、伊勢神宮の神田が2度の台風にあい、 コシヒカリは完全に倒伏しました。

しかし、中央に2株並んで直立している稲があることを発見され、
調査したところ遺伝子はもはやコシヒカリではなく、 突然変異種の稲だったのでした。

食味は、食べやすく適度なモチ感はあるが、後味はサッパリ。
アミロース含量の高い硬質米なので、ゆっくり消化されます。

炊飯器、圧力鍋、土鍋など炊飯方法によりますが、
炊き上がりが固かった場合は、浸水した方がより美味しくお召上がり頂けます。

※気候や圃場により合った品種の再選定は必要に応じ行っていきます。

◎販売の仕組み

【単位】  5kg袋 または 30kg袋

【種類】  玄米 または 白米

【出荷時期】11月上旬から(予定)

【送料】一律¥650(佐川急便より)

【料金(税込)】
5kg袋:玄米 ¥4,590(¥918/kg)    白米 ¥4,860(¥972/kg)
30kg袋:玄米 ¥25,920(¥864/kg)   白米 ¥27,540(¥918/kg)

【お支払い】
「ゆうちょ銀行」へ前払い制  ※振込手数料はご負担ください。

◎お願い
・先着順での受付となります。
・原則、お支払い後のキャンセルや変更は承ることができません。
・精米の歩づき具合のご希望も承ることができません。
・発送時期は作業状況により前後することがございます。

◎おことわり
お米を保管する施設がなく、年間を通して出荷できる体制が整っていないため、
お取り置きは致しかねます。

上記の内容をご理解いただき、 下記の<お申し込みフォーム>をご利用の上、
E-mailにてお申し込みください。

【E-mail】 goma_2013@yahoo.co.jp

受付完了次第、改めて合計金額と振込先をお知らせ致します。

<お申し込みフォーム>

お名前  :
郵便番号 :
住所   :
TEL    :
E-mail :
希望袋数 : 5kg 袋 / 30kg袋
種類 : 玄米 / 白米
希望納品日時:  月   日  
午前中/12-14/14-16/16-18/18-20/19-21
備考   :

[PR]
by suttocokinaco | 2016-10-21 10:51
もうそろそろ新米のご案内できます
f0256148_16185558.jpg

渋谷ネパリコでダルバート。


さてさて、休業して1ヶ月が経ちました。


何もしたくもないし、ごろごろ寝ていたのですがあまりにもする事がなくてもうギブアップです笑。


実家はぬくぬくですが、テレビ見たくないので2階に行くしかなくて気持ちも落ち着いてきた今は暇すぎも疲れてしまいます……。



ほんとに私は自由人ですが、目が見えてる事で得られていた自由もたくさんあったことに気づかされている毎日。


日に日に見えなくなってきた左目。でももうこれは受け入れるしかなくて、右目が見えているだけでもありがたいです。



そんな中、友人から教えてもらった呼吸法を習いに行くことにしました。これがまた新しいことを知れた感じでわくわくしています。今までは、食にばっかり意識を置いていましたが自分の体のことには無頓着で運動嫌いで無関心…よいきっかけを与えていただいてます。体を整える事に暫く集中しようと思っています。


丸ちゃんは、今頃お米の収穫です。
新米のご案内もそろそろできるとおもいますのでどうぞ楽しみにしていてくださいね。


鳥取に少し行ってきましたが、丸ちゃんは私がこんな状態でも気にせず田畑に行きます…いのちを繋いでくれる作物でもあるお米だからこそ、本当にたくさんの愛が注がれています。


毎朝、まずは田んぼの稲の様子を見に行くことからはじまるので1日たりともお米の事を忘れた事はないんじゃないかなぁ。話すと長くなってしまうので、続きはまたにしますね。


今年は、自然栽培2年目のイセヒカリという品種。
5キロから発送できます。
詳細は近日中にはお知らせできます。
丸瀬家と末長くお付き合いしていただけるみなさま、是非お試しください。



kinaco

[PR]
by suttocokinaco | 2016-10-13 15:52
よろしければ
f0256148_15522148.jpg


発売中の【暮らし上手の収納力】のなかでp100〜105中で作り置きのレシピを紹介させていただきました。

誰でも簡単にできる内容です。よろしければご覧ください。

kinaco


[PR]
by suttocokinaco | 2016-10-13 15:51
明日のお知らせです
f0256148_18092579.jpg


明日のお知らせです。
愛知県の本屋さん【on reading】さんで開催中の濱田英明さんの写真展で丸瀬家の商品が並びます。

明日10月10日の12時〜16時までは丸ちゃんが直接販売に行きますので、是非この機会に足をお運びください。

また私達が大好きな【コウボパン小さじいち】のパンも期間中何日か並びますので、是非スケジュールをご覧いただきこの機会にお試しください〜〜

----
濱田英明写真展『TOTTORI TOTTORU』
& TOTTORI FOODS and PRODUCTS FAIR
2016年10月5日(水)~10月24日(月) 『KINFOLK』、『FRAME』や『THE BIG ISSUE TAIWAN』などの海外雑誌ほか、国内でも雑誌、広告など幅広く活動中の写真家、濱田 英明さんによる鳥取の写真展 “TOTTORI TOTTORU”を開催します。

一年を通して、めまぐるしく変化する鳥取の風景を切り取った美しい作品の数々を是非ご覧ください。

また、自然豊かな民芸の街としても知られる鳥取で出会った器や、美味しい食など、鳥取にまつわる様々なモノをあつめたフェアも同時開催します。 「コウボパン小さじいち」さんのパンの限定販売も!

また、現在、鳥取と京都を拠点に活動中のイラストレーター、西淑×ON READINGによる、鳥取のむかしばなし&手ぬぐいセットも販売します。

濱田英明さんの写真や、食、民工芸品などを通して、鳥取の新しい魅力に触れてみてください。

同時開催:鳥取の食とプロダクトフェア
・コウボパン小さじいち (パン・ジャムなど)
※入荷日 10月7日(金)
14:00~ / 10月21日(金)14:00~
・土ある暮らし 丸瀬家(胡麻、おかき、麦茶など)
・Float (アロマミスト、石鹸など)
・国造焼(器)
・玄瑞窯(器)
・亀甲や(ブランケーキ)
・tis clay(焙じ茶)
・大因州製紙協業組合(和紙)
・植田正治写真美術館(写真集・ポストカード) 「土ある暮らし 丸瀬家」がやってくる!
2016年10月10日(月祝) 12:00~16:00
鳥取・大山の麓で自然栽培の田畑と“発酵ある台所”から『土ある暮らし』を提案されている「丸瀬家」は、とても珍しい国産胡麻を自然栽培されている「胡麻のアトリエ」の丸瀬さんと、「可笑しなお菓子屋kinaco」のkinacoさんご夫婦によるユニット。当日は、代表の丸瀬さんが来てくれます。鳥取のことや、丸瀬家の商品がどのように作られているかなど直接お話いただけます。



[PR]
by suttocokinaco | 2016-10-09 18:06
ありがとうございました
f0256148_21165650.jpg

みなさま、たくさんの温かいメッセージどうもありがとうございます。

ひとりひとりにお返事ができないためここに感謝のメッセージをと思いました。


なかなかハードルが高い病で、毎日苦しいです。でも、人は見かけによらず口には出さないけれど何かを抱えていたりするものだなぁ、とか、もう十分に幸せだなぁとか、丸ちゃんの存在に改めて感謝できたり気付かされた事もたくさんです。


インスタグラムでは、レシピ本の中からみなさん楽しんでお菓子を作られている様子も覗けました。これは本当に嬉しい事です。どんどんみなさんでレシピを育ててくださいね。


ハッシュタグ【#kinacoのオーガニックな焼き菓子】をつけて投稿していただけたら、みなさん同士も繋がれて私も嬉しいです。


明日はまた検査結果です。
暫く病院通い。母が来てくれていて、お節介なくらいに何でもしてくれました笑。ずーっと動いてる、コーヒー飲みにあの不便なアトリエから歩いて1日2回も行ってしまうくらい元気な人。おかげ様でお腹も空くようになってきて、落ち着いてきました。


ご心配をおかけしておりますが、なんとかやってます。



みなさんもどうか、お身体を大切にご自愛くださいね。
こうなった今、当たり前に出来てた事がどれだけありがたかったか身にしみています。些細な事にも感謝です。


kinaco

[PR]
by suttocokinaco | 2016-10-02 20:31
ありがとうございました
f0256148_18021656.jpg

【旅する八百屋展】3日間のイベントが無事に終わりました!

遊びに来ていただいたみなさま、どうもありがとうございました!! 改めてミコト屋のまわりは何でいつも賑わっているのかがわかりました。
常にわくわくする方へ舵を立て、何が起こっても楽しんじゃおうという姿勢でいること。やっぱりいいですね。

@fumikoshirota と料理できたことも嬉しく、お互いないものを補いあって学び合いができて楽しかったなぁ〜〜写真のおむすびも美味しかったなぁ。

実はビュッフェの裏舞台はバタバタだったのですが、ミコト屋西尾シェフが支えてくれて本当に助かりました。みおちゃん、佐藤くん、りゅーちゃん、ひろみちゃんもサポートありがとう。

レシピ本の出版日の次の日からイベントで、私の本の撮影をしてくれたライ君の写真の展示も期間中あり、たくさんの方に見ていただけた事も嬉しかったです。

そして、paddlarscoffeeのみなさんお世話になりました!
お客さんに、私達にも細やかな心遣いが素晴らしくとにかく居心地満点、みんなに愛されているお店だなぁと。心から感謝致します。

余韻が止まない本日…ふみこと終わった気がしないねーーとお喋りの時間がはじまってます。

kinaco

[PR]
by suttocokinaco | 2016-09-20 18:00
22日のお食事会キャンセルがでたので再募集いたします

今週木曜日、丹波篠山で「まるふく」という屋号で活動する料理家のふみちゃんとご飯会を致します。

f0256148_13513615.jpg

f0256148_13513750.jpg



・かぼちゃのスープ
・茄子の酒かす麻婆
・大豆から揚げの天むす
・大葉のキムチのおむすび
・納豆とジビエ猪肉の煮込み
・さつまいもの和え物次
・小さじいちのパンとカタネベーカリーのパン
・ししとうと厚揚げの甘酒味噌マリネ
・つるむらさきの花芽のオイル和ええ
・ベリーA
・蒜山最中のアイスサンド
・トゥルシーのお茶

材料の関係でメニューに変更があることもありますが、だいたいこんな感じで
打ち合わせをしています。
f0256148_13513849.jpg



・日時・・9月22日(木)秋分の日  18:00 青葉台駅集合 ~20:30
        
・場所 kinacoアトリエ
(田園都市線青葉台駅より、徒歩15分)

・参加費 5000円
(当日現金でのお支払いとなります/乾 杯ドリンクつき)
     

・定員 10名

---------

※お食事会は複数数でのお申込みも受付も致します。
 是非お友達やご家族でいらしてください。
 

お申込み

kinaco.mate@gmail.comまで。

下記明記の上、メールにてお申込みください。

①お名前
②参加人数
③携帯番号
④件名に「丸瀬家の台所申し込み」と明記の上メールを送信ください。
⑤キャンセル待ちの場合、キャンセル希望のあり、なしを明記してください。


メール受信後、こちらから受付の返信を致します。
詳しい場所などを連絡致しますので、予めご了承ください。

青葉台駅から、アシスタントとみなさんで工房に向かいます。
また、車で直接来たい方はあわせてご連絡ください。

また、3日経ってもメールが届かない場合、メールを受信できていない可能性がありますので、ご注意ください。

3日前からのキャンセルに関してですが、材料の仕入れなどの理由から、参加費の半額をお振込みいただく形をとらせていただきます。
どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。

それでは、涼しくなってくるころですね。
みなさんと料理とお喋りを楽しめることを、楽しみにしています。

kinaco



ふみちゃんのマフィンと、kinacoのビスケの販売もありますので
楽しみにしていてください。


[PR]
by suttocokinaco | 2016-09-20 13:44
お楽しみに
f0256148_21390023.jpg

ウシオチョコラトルチョコと黒糖のロシアンビスケ。

ビターチョコレートと黒糖の塊を合わせたら…バランスよくまとまりました。ホッ。生地にはココナッツ入り。

明後日からはじまる@micotoya【旅する八百屋展】で並びます。おいしいです!

塩麹ビスケ
ブルーベリービスケ
金胡麻と人参ビスケ
とこちらの4種がメニューになります。ミコト屋が今回の旅で出会った素材を使いお菓子に焼き込みます。

18日のみ、お菓子の販売をミコト屋にお願いしています。17日14時ごろまでと19日は直接販売させていただきます。

みなさんも一緒に【旅する八百屋展】を楽しんでいただければ幸いです。

kinaco

[PR]
by suttocokinaco | 2016-09-15 21:37
あさってです!
f0256148_22020218.jpg

お知らせしております、あさって16日に発売するレシピ本の見本誌が、文化出版局から送られてきました。

まだ私がユニットあんこときなこで活動していた頃1ヶ月で解散…翌月「可笑しなお菓子屋kinaco」と屋号を改めて直してまだ数日の頃、今回お話をくださった編集の田中薫さんが出版の声をかけてくださったのがもう3年も前の事でした。

まだまだひよこっ子の私をずっとその頃から気にかけてくださっていたので、薫さ〜〜ん涙…見本誌に添えられていた手紙がずっしりと重みがありやっと形になったんだなぁと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

薫さんが繋げてくださった田中のりこさん、渡辺浩美さん、はじめての本だからとなるべく私の意見も読み取ってくださり、私のふわふわまとまらないところをすっきりとカッコ良くしていただきバランスを取ってくださいました。

友人である写真家ライ君。ずっと前からライ君にはきなことは何かしたいなぁお菓子撮るの楽しそうだぁと声をかけてくれていたのでご一緒できて心から嬉しい。ライ君の人柄が写真にも現れているのですが、ただきれいな写真とは言い表せないいろんな事を想像させてくれる写真。埼玉から通ってくれた事にも感謝してます!

そして、イラストはsub。もう5年以上の付き合いになるかなぁ。私がひーひーな時はいつも助けてくれました。何度お礼を言っても足りないくらいに。だから鳥取に行ってしまう前にまたこうして一緒にできた事にありがとう!

長くなりましたが、チームワークも抜群で素晴らしいスタッフのみなさんのサポートによって完成したレシピ本です。

17日から始まる「旅する八百屋展」にも並べますので、是非会場へ足をお運びください。

たくさんの方に届きますように。

[PR]
by suttocokinaco | 2016-09-14 22:01
お楽しみに
f0256148_09314676.jpg

ウシオチョコラトル。
名前もユニークですが、オーガニックシュガーとカカオだけで作っているチョコレート!なんて試作からわくわくです…‼︎ 口どけもよくて、大人のチョコ好きの方には是非食べていただきたいチョコレートです。

ひとまずシンプルに塩麹ビスケに入れてみたり、日本酒漬けの杏とあわせてみたり…まだまだ試作が続きます。

なるべくシンプルな素材でおいしい!というところまでに辿り着きたいので、あともうひと捻りなところ。チョコレートがもう少しチャンク状に入れられたらなぁ。メープルとあわせて軽くしてみるのも美味しそう…。 週末の「旅する八百屋展」どうぞ楽しみにしていてください!まるふくふみこは、マフィンを並べる予定です‼︎

kinaco

[PR]
by suttocokinaco | 2016-09-13 09:31